ギズモード

そのソフトウェア「GPT2」は、以前「高性能すぎて危険」と自称するほどの完成度でした

約800万のWebページから抽出した40GBものデータを学習し、「こんなテキストの後にはこんなテキストが続く」を高精度に予測できるんです

公式ブログによると、OpenAIではGPT2が第三者に悪用されるケースを想定し、「あるテキストがGPT2で生成されたものかどうか」を判定する手法も作り出し、その精度は最大95%に達したそうです
AdobeはiPad版Lightroomにおける、カメラやSDカードからの画像取り込み機能のプレビューを公開しました

これまで、外部デバイスの画像をiPad版Lightroomで取り扱うには、写真アプリで取り込む、というステップを挟む必要がありました

SDカードの画像をまず写真アプリに落とし、そこからLightroomに読ませるという二度手間が必要になる仕様だったんです
スマホリング付きやウォレットタイプなど、スマホを守ってくれるケースはさまざま

「CROSSBODYPHONECASE」はそれぞれ、税別3,800円で販売中です

対応機種は、「iPhone11」「iPhone11Pro」「iPhone7/8」「iPhoneXR」「iPhoneX/XS」がラインナップされていますよ
63億ドルを投じた防潮堤「MOSE」も、大昔イタリアにいた頃は「1995年には完成する」とか言われていたのに、ズルズルズルズル伸びて、いま確認したら2022年まで延長されてるし

今回は、1966年の194cmに次ぐ史上2番目の187cmの高潮で市の85%が浸水し、感電などで2人が命を落としました

サンマルコ寺院の内部まで海のようになるのは史上5回で、うち3回はここ20年に集中しています
昨日はまさに新型MacBookPro祭りだったわけですが、その影で実はAppleWatchの新色バンドがいくつか追加されていました

お値段は40mmモデル、48mmモデルともに4,800円となっています

こちらも販売価格は40mmモデル、48mmモデルともに4,800円となっています
ゴージャスなカスタムガジェットを続々と投入するロシアのCAVIARの新作は、18金コーティングされたAirPodsProです

この「CaviarAirpodsGoldEdition」は、充電ケースからイヤホンまですべてを18金でコーティングした逸品

周囲からの目立ち度はマックスでしょうが、盗難などが気になってしまうのは私が一庶民だからなのでしょうか?
コンパクト&高性能なLG化学製のリチウムイオン電池を使うことで、10,000mAhで約111×51×25mmで、およそ187gという大容量と小型化を両立しています

この「RPPB186」の通常価格はブラックが4,299円、ホワイトが4,399円となっています

さらに2019年11月17日23:59まで、この記事を読んでくれた読者限定で15%オフのセールが開催中
Amazonで毎日開催されているタイムセール、今日2019年11月15日は600円台のAppleWatch用全面保護カバーやAC8口・USB3ポート搭載のタワー式電源タップなど、今すぐ欲しい人気のアイテムがお得に多数登場しています

なお、以下の表示価格は2019年11月15日7時現在のもの

2019年11月15日の「Kindle日替わりセール」
Q1〜Q3の伸び率は、前年比で24.4%

画面占有率91.7%、4.5mmのパンチホールに側面指紋認証、CPUにKirin980、128GBのストレージなど、「Honor20」に酷似したスペックをもちます

約4800万画素のメインカメラを筆頭に、約1600万画素の超広角カメラ、約200万画素の深度カメラ、約200万画素のマクロカメラを搭載
2019年11月14日、Dysonの新しい空気清浄加湿器「DysonPureHumidify+Cool」が発表されました

タンク部は5Lの水が入る大きさなので、これまでの空気清浄ファンに比べるとやや大きめになっています

このブリーズモードを搭載するために、8箇所4,000万以上のデータポイントを集計、自然風のアルゴリズムを研究・考案したそうな
多くの方は天気予報や朝の天候に合わせて傘を持っていく、もしくはバッグに折りたたみ傘を常備しているかと思います

けれども、あの傘の手荷物感ってやっぱり煩雑じゃありませんか?止んだら止んだで忘れたりもしますし

「MARKRYDEN」から登場した新作「MR9068_00」は一見するとシンプルなシティユース系のバックパック
来年のいまごろ、クリスマス商戦を前に盛り上がっているであろうと考えられるのは、ソニーが公式に発売時期を明らかにしたプレイステーション5なのでは?新たなコントローラーで、ゲームの新境地を切り開くとの期待も高まっているようです

あくまでも予測のうえではありますけど、1TB/2TB/3TBのSSDカートリッジが写っており、手軽にテラバイト級の保存領域を確保できるとすれば、いちいちHDD増設などの手間も省けていいでしょうね

いまやコンソールゲーム機のゲームソフトって、たとえば、Blurayディスクにして100GBクラスのデータ量に匹敵するレベルともなってきており、美しい映像を駆使してプレイできるハードウェア性能のみならず、ユーザーのデータ保存に昔とは比べものにならないスペースが要求される時代です
そしてHYPERが新たに投入するのは、なんとMacBookProの2台同時充電も可能な「HyperJuice」です

2個のUSBCポートと2個のUSBAポートを搭載し、USBCポートからは最大100Wの出力が可能なんです

出荷時期は2020年2月だそうです
年末年始はどの国に行こうかな?青い海でバカンス、古城探訪、最先端都市でショッピング三昧など、日本だけでは味わえない体験を思い描くって楽しいですよね

そんなワクワクした気持ちをいつでも感じられそうな木製ウォールアート「3D世界地図」が現在姉妹サイトmachiyaでキャンペーンを実施中

執筆時点では、最も小さいMサイズの超早割コースが30980円から、最も大きいXLが51980円からオーダー可能です
ロイターの報道によると、Appleのティム・クックCEOはトランプ大統領と来週にもテキサス州オースティンのAppleの施設を訪問するようです

もちろん世界でもトップクラスに忙しい2人が、ただの工場見学で終わるわけではありません

この訪問は、トランプ大統領によるアメリカ企業の国内生産への移行のアピールに利用されるようなのです
razrは6.2インチ/アス比21:9/2142x876ドットの有機ELディスプレイを搭載したAndroidスマートフォンで、その特徴は本体をフリップケータイのように上下に折りたためること

さらに本体の外側には、2.7インチ/800x600インチのサブディスプレイ「QuickView」を搭載

Razrは米Verizon向けに今年12月26日から予約が始まり、2020年1月に発売予定で価格は1499ドル
7月13日に発売され、ノイズキャンセリング完全ワイヤレスとして一世を風靡したソニー「WF1000XM3」

そしてAppleから10月30日に突如登場したまさかのカナル型ノイズキャンセリング「AirPodsPro」

ソニーの完全ワイヤレスイヤホン「WF1000XM3」が2019年7月13日に発売されましたね
今年のiPhone11ProのトリプルカメラデザインはAppleファンに衝撃を与えましたが、2020年の次期iPhoneにはこんなクアッドカメラが搭載される

報告によれば、次期iPhoneはiPhone4風のデザインになるとされており、さらに背面には深度を測定するToFセンサーが追加されるとしています

現在販売されているiPhone11Proでは、3カメラがそれぞれずれた状態で配置されており、またフラッシュが右上に存在するなど、なんだかデザインにチグハグ感があります
スマートカバーを着けているのですが、クルッと丸めてスタンドとして使うとき、必ずLightning端子が右側になりますよね

Sidecarを使ってサブディスプレイとして使うときも、できればLightning端子を左側にしたいんです

なぜなら、僕は基本的にiPadを向かって左側に置くので、充電しながらiPadを使いたいとき、Lightning端子が右側にあるとケーブルの取り回しがちょっと面倒だからなんです
たった3分で99.9%除菌Image:Amazon.co.jp

繰り返し使用でき、本体自体の寿命も10,000~50,000時間と長く、数年に渡って活用できそう

大きさは4.5cm×4.5cm×2cm、重さ22gで超コンパクト