NHKニュース

北海道大学の40代の男性教授は中国近現代史が専門で、ことし9月上旬から中国政府系のシンクタンク「中国社会科学院」の招きで北京を訪れていました

今回の問題をめぐって、中国外務省報道官は「中国は法に基づいて、中国の法律に違反した疑いのある外国人を処罰している」と述べましたが、拘束の具体的な理由などについて一切、明らかにせず、北京の日本大使館の職員が面会するなどして情報収集を進めてきました

男性教授の拘束を受けて、日本の中国研究者の間では不安が広がり、中国への渡航を取りやめたり、交流事業を見直したりする動きが相次ぐなど影響が広がっていました
日韓の外務省の局長による協議が行われ、日本側は「徴用」をめぐる問題で、韓国が国際法違反の状態を是正するよう、改めて求めましたが、進展はありませんでした

外務省の滝崎アジア大洋州局長と、韓国外務省のキム・ジョンハンアジア太平洋局長は、1か月ぶりに15日午前、東京の外務省でおよそ2時間半協議を行いました

また、韓国側の破棄の決定によって日韓の軍事情報包括保護協定=GSOMIAの失効が来週23日に迫る中、日本側は現下の地域の安全保障環境を踏まえた賢明な対応を求めました
ことし7月、埼玉県蕨市の住宅で17歳の男子高校生が首を刃物で切られてけがをした事件で、警察は別の事件で逮捕・起訴された中国籍の22歳の男が事件に関わった疑いがあるとして、強盗殺人未遂などの疑いで逮捕しました

ことし7月、埼玉県蕨市の住宅でこの家に住む17歳の男子高校生が首を刃物で切られてけがをしました

その結果、蕨市内で偽造ナンバーをつけた車を運転したなどとして逮捕・起訴された、中国籍で無職の22歳の男が事件に関わった疑いがあるとして15日、強盗殺人未遂などの疑いで逮捕しました
インフルエンザの患者が全国各地で増えていて、国立感染症研究所は15日、全国的な流行期に入ったと発表しました

流行期に入るのは、例年より数週間から1か月ほど早く、統計を取り始めて以降、新型のインフルエンザとして世界的な大流行となった2009年に続いて、2番目に早くなっていて、専門家は早めにワクチンを接種するなど、対策の徹底を呼びかけています

国立感染症研究所によりますと、今月10日までの1週間に全国およそ5000の医療機関から報告されたインフルエンザの患者数は、5084人でした

流行期に入るのは、例年より数週間から1か月ほど早く、1999年に統計を取り始めてから、「新型インフルエンザ」として世界的な大流行となった2009年に続いて、2番目に早くなっています

都道府県別では、▼沖縄県で4.45人、▼鹿児島県で2.66人、▼青森県で2.48人、▼長崎県で2.31人、▼福岡県で2.03人などと、33の道府県で前の週より患者が増えています
日米の新たな貿易協定の国会承認を求める議案は、15日衆議院外務委員会で採決が行われ、自民・公明両党などの賛成多数で可決されました

日米の新たな貿易協定の国会承認を求める議案は、15日の衆議院外務委員会で討論が行われました

承認案は、来週19日に、衆議院本会議でも採決が行われて、可決され、参議院に送られる見通しで、与党側は、来月9日までとなっている今の国会の会期内に協定の承認を得たい考えです
総理大臣主催の「桜を見る会」をめぐり、安倍総理大臣は、15日正午すぎ、総理大臣官邸で記者団に対し、野党側が説明責任を果たすよう求めていることについて、「国会から求められれば、説明するのは当然だ」と述べました

この中で、安倍総理大臣は、総理大臣主催の「桜を見る会」をめぐり、記者団から、「野党側は、後援会の懇親会などについて追及を強めているが、みずからが国会で説明することはないのか」と問われたのに対し、「国会のことは国会で決めることだが、政府としては、国会から求められれば、出て行って説明するのは当然のことだ」と述べました

また、公職選挙法違反の疑いや政治資金規正法違反の疑いが指摘されていることについて質問されたのに対し、安倍総理大臣は、「その件は、すでに国会で申し上げているとおり、きちんと事務所のほうで対応していると聞いている」と述べました
日韓の外務省の局長による協議が行われ、日本側は、「徴用」をめぐる問題で、韓国が国際法違反の状態を是正するよう、改めて求めました

外務省の滝崎アジア大洋州局長と、韓国外務省のキム・ジョンハンアジア太平洋局長の協議は1か月ぶりで、午前9時ごろから東京の外務省でおよそ2時間半、行われました

また、韓国側の破棄の決定によって、日韓の軍事情報包括保護協定=GSOMIAの失効が来週23日に迫る中、安全保障面をめぐっても意見が交わされました
東京世田谷区で一家4人が殺害された事件の現場の住宅について、屋内の状況がすべて証拠化されているほか、建物の老朽化も進んでいるとして警視庁が遺族に取り壊しを打診していることが分かりました

平成12年の大みそか、東京世田谷区の住宅で会社員の宮沢みきおさんの一家4人が殺害されているのが見つかり、警視庁は現場を証拠として保全するため住宅を取り壊さずにきましたが、事件は未解決のまま来月末で19年となります

警視庁によりますと、住宅内の状況はすべて証拠化し、必要な捜査書類を作成しているほか、3D動画でも再現していて、今後、住宅を保全しなくても捜査に影響はないとしています
総理大臣主催の「桜を見る会」をめぐり、内閣府の担当者は14日、ことしの招待者名簿などを、会の開催からおよそ1か月後の5月9日に廃棄したと明らかにしました

また、安倍総理大臣の後援会が前日夜に開いた懇親会の会費が1人5000円だったとされていることをめぐり、野党側が「ありえない」などと批判していることについて、「会の趣旨などをホテル側と話すことで柔軟に対応いただけると思っている

飲食などは、100人来れば100人分を立食で用意することは常識的にはないのではないか」と述べました
JR山手線は、来年春の「高輪ゲートウェイ駅」の開業に向けた線路の切り替え工事で、16日始発から、大崎駅から上野駅までのおよそ3分の1の区間が運休となります

16日の始発から運休するのは、▼山手線のおよそ3分の1にあたる、大崎駅から東京駅を経由した上野駅までの区間と、▼京浜東北線の品川駅と田町駅の間の区間です

運転が再開されるタイミングは、▽山手線は16日の午後4時ごろ、▽京浜東北線の品川駅と田町駅の間は17日の始発からとなる見通しです
JR山手線は、来年春の「高輪ゲートウェイ駅」の開業に向けた線路の切り替え工事で、16日始発から、大崎駅から上野駅までのおよそ3分の1の区間が運休となります

16日の始発から運休するのは、▼山手線のおよそ3分の1にあたる、大崎駅から東京駅を経由した上野駅までの区間と、▼京浜東北線の品川駅と田町駅の間の区間です

運転が再開されるタイミングは、▽山手線は16日の午後4時ごろ、▽京浜東北線の品川駅と田町駅の間は17日の始発からとなる見通しです
強い冬型の気圧配置の影響で、北海道では16日にかけて雪を伴って非常に強い風が吹くおそれがあります

北海道では16日にかけて雪を伴って非常に強い風が吹く見込みで、▽最大風速は25メートル、▽最大瞬間風速は35メートルに達すると予想され、▽海上の波の高さは6メートルと大しけになる見込みです

また、上空に真冬並みの寒気が流れ込んでいて、日本海側の多いところでは、▽16日朝までの24時間に50センチの雪が降り、▽その後、17日朝までの24時間に30センチから50センチの雪が降って大雪になるおそれがあります
キム局長は、外務省に入る際、記者団に対し、「お互いの関心事について、胸襟を開いて幅広く話し合いたい」と述べました

協議で日本側は、太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題で、韓国が国際法違反の状態を速やかに是正するよう、改めて求めているものとみられます

また、韓国側の破棄の決定によって、日韓の軍事情報包括保護協定=GSOMIAの失効が来週23日に迫る中、安全保障面をめぐっても意見が交わされているものとみられます
中学1年生だった横田めぐみさんが北朝鮮に拉致されてから、15日で42年になります

横田めぐみさんは、昭和52年11月15日、新潟市の中学校から帰る途中、北朝鮮に拉致されました

当時13歳だっためぐみさんは、先月、55歳の誕生日を迎えました
稚内市で15日午前5時前に27.6メートル、石狩市浜益では午前4時半ごろに26メートルの最大瞬間風速を観測しました

北海道では16日にかけて雪を伴って非常に強い風が吹く見込みで、最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルに達すると予想され、海上の波の高さは6メートルと大しけになる見込みです

また、上空に真冬並みの寒気が流れ込んでいて、日本海側の多いところでは16日朝までの24時間に50センチの雪が降り、その後、17日朝までの24時間に30センチから50センチの雪が降って大雪になるおそれがあります
総理大臣主催の「桜を見る会」をめぐって、政府は、招待基準の明確化など見直しを進めることで、事態の収束を図りたい考えです

これに対し野党側は、前日の夜に開かれた安倍総理大臣の後援会の懇親会についても追及を強めていて、国会で説明責任を果たすよう引き続き、求めていく方針です

菅官房長官は14日、これまでの予算計上の在り方に問題があったという認識を示す一方、「内閣の公的行事であり、現時点で廃止することは考えていない」と述べました
天皇陛下の即位に伴う「大嘗祭」の中心的な儀式「大嘗宮の儀」は、先ほど午前3時15分ごろ、天皇陛下が、皇居に設営された「大嘗宮」の「主基殿」での拝礼を終えて退出され、すべて終了しました


ハワイにある太平洋津波警報センターから気象庁に入った連絡によりますと、日本時間の15日午前1時18分ごろ、インドネシアのモルッカ海付近を震源とするマグニチュード7.4の大きな地震がありました

USGS=アメリカの地質調査所によりますと、インドネシアで日本時間の15日午前1時すぎ、マグニチュード7.1の地震がありました

震源はインドネシアのスラウェシ島の東に位置するモルッカ海付近で、震源の深さはおよそ45キロと推定されています
北海道の宗谷岬で14日午後8時半ごろに32.2メートル、羽幌町で午後9時前に26.4メートルの最大瞬間風速を観測しました

北海道では15日にかけての最大風速が25メートル、最大瞬間風速が35メートルに達すると予想され、海上の波の高さは7メートルと大しけになる見込みです

また、上空に真冬並みの寒気が流れ込み、15日夕方までの24時間に北海道の多いところで60センチの雪が降ると予想され、その後、16日夕方までの24時間に50センチから70センチの雪が降って、日本海側を中心に大雪になるおそれがあります