StartupDating

ホーム>GincoがLongHashと提携、WOOKONGと共同でICカード型ハードウェア仮想通貨ウォレット「Kinco」を開発へ--生体認証・非接触通信に対応

仮想通貨ウォレットアプリ「Ginco」を開発・提供するGincoは13日、仮想通貨に特化したメディアやインキュベーション事業を展開するLongHashとの提携を発表した

Kincoの販売開始は2019年上半期を予定
大規模なデータセットのパターンや傾向から洞察を得られる分析エンジンの需要に支えられ、データ可視化市場は2017年の41.2億米ドルから、2022年末までには69.9億米ドルにまで拡大するとみられている

8日、同社はAplusCapitalがリードするシリーズBラウンドで1,000万米ドル以上を調達し、累積調達額が約3,000万米ドルに達したと発表した

Ptmindによれば、PtengineとDatadeckのユーザ数はそれぞれ12万5,000、25,000以上で、ユーザにはマイクロソフト、ナイキ、ディズニー、アディダス、ソフトバンク、電通のプロダクトチームなどがいる
同社は8ヶ月前にICOで3,000万米ドルを調達している

ELECTRIFYは、日本国内の電力消費量約3分の1を提供する東京電力との協業により、日本での商業サービス展開を模索する

Synergyはシンガポールでのアルファテスト完了を経て、2019年第2四半期にパブリックローンチを迎え、同社の既存の価格比較プラットフォームに統合される予定だ
ブロックチェーン技術は、近年の歴史上で最もインパクトのある発見の一つだろう

それはオンライン取引の扱い方を大きく変える可能性をはらんでいる

簡単に言えば、ブロックチェーンはP2Pネットワーク上で非中央集権的な取引を可能にするものだ
ピックアップ:<熱と暮らし通信>日本人の入浴習慣について全国47都道府県別徹底調査

ヒートショック予備軍が最も多い県は千葉県・宮崎県

全国20~60代の男女2350名を対象にしたインターネット調査によると、このヒートショックという事例について知識があると回答した人はわずか2割に留まったそうだ
中小ブランド100社を募り店舗での商品販売を行う

出店期間は2018年11月6日から来年2月までだという

出店企業は売上の100%を手にすることができ、FacebookおよびMacy’s側から手数料を取られることはない
ニュースサマリー:EC利用者向け2日以内配達サービス「ShopRunner」が4000万ドルの資金調達に成功

同社は100以上のEC事業者と提携しており、年会費79ドルを支払った顧客は提携ECサイトを利用する際に無料で2日以内のお急ぎ配達サービスを利用できるようになる

今回の調達に合わせて1,500以上のブランド商品を無料配達・返品サービス付きで販売するECプラットフォーム「Spring」の買収も発表した
ホーム>業界構造の今後を占う「パブリックorプライベート」ーーMS×LayerX特別対談/ブロックチェーン社会実装前夜

「LayerX」CTOの榎本悠介氏

本稿は11月18日から20日まで東京ミッドタウン日比谷で開催されるブロックチェーンカンファレンス「NodeTokyo2018」編集部による寄稿
お墓や霊園など終活にまつわる情報を集めたサイト「終活ねっと」は11月12日、DMM.comと資本業務提携を締結したことを発表した

なお、今回の第三者割当増資によってDMM.comは同社の発行済み株式の51%を取得し、10月31日付けで子会社化している

2017年12月には、ジェネシアベンチャーズなどから総額8300万円の資金調達を実施している
ズボラ旅、TRAVELNowと旅行領域サービスが次々に登場し、盛り上がりを見せる2018年

そんな中、タビナカは2014年4月から海外旅行中のアクティビティツアーを提供している、5年目選手のスタートアップだ

同社は11月11日、総額3億円の第三者割当増資の実施を発表した
本稿は11月18日から20日まで東京ミッドタウン日比谷で開催されるブロックチェーンカンファレンス「NodeTokyo2018」編集部による寄稿

ビットコインによって社会的な認知を獲得したブロックチェーン

決済や流通をはじめ、社会的な実装が語られることが多くなってきた一方、まだまだ実生活での「手触り」を感じるまでには至っていない
写真左から:シニフィアンの朝倉祐介氏、GOの三浦崇宏氏

ニュースサマリ:「事業クリエイティブ」をテーマに企業の新規事業やスタートアップ支援施策を提案する「GO」は11月12日、シニフィアン共同代表の朝倉祐介氏がアドバイザーとして参画したことを伝えている

話題のポイント:度々書いてますが、2010年頃から始まったアクセラレーター型の支援策が出現して以降、スタートアップの成功率は年々精度を高めているように思います
ホーム>独身の日、Alibabaのセール売上は3.4兆円相当を突破--ライフスタイルの向上を求める、1990年代生まれの中産階級が消費を牽引

500億人民元を26分2秒で突破し、これは2017年に比べ、約15分間早かった

消費者の年代別分布を見てみると、1990年代に生まれた人が最も活発で、80年代、90年代と続いた
11月1日、広州市で中国初となる無人タクシーサービスがローンチされた

この無人タクシーサービスではTrumpchiの全電動SUVGE3が使用されるが、これには2つのLIDARセンサー、3台のカメラのほか、ミリ波レーダーが装備されている

中国のインターネット企業大手Baiduは10月30日、長沙市の実験区域で自律走行タクシーの実験を行い、2019年までに自律走行車を100台展開する計画を発表した
ニュースサマリ:位置情報サービスのFoursquareが10月2日に3300万ドルの資金調達に成功している

ラウンドはシリーズFで、2500万ドルの資金については調達が完了しており、セカンドクローズとして今年年末までに残りの800万ドルを調達する予定としている

2015年には6000万登録ユーザーを獲得しており、月間MAUも5000万人とその人気ぶりがわかります
2016年4月6日、ESAのExpedition47フライトエンジニアTimPeake氏により撮影され、2016年4月8日リリースされた

地表400~1,000マイルを超える範囲では地球との通信の遅れは最大で20分にもなる

Apollopc40サーバーは、最大4つのNVIDIATeslaGPU、12枚の2,666MHzDDR4DIMM、2つのSFFハードドライブまたはソリッドステートドライブを搭載可能で、2台の2000Wパワーサプライを備えた、インテルXeonプロセッサースケーラブルをベースにした2ソケットサーバーである
ホーム>シンガポールのVibease、新作のAI搭載リップスティック型バイブレータを発表--目標額の半分を調達、クラウドファンディング終了まで4週間

シンガポールのガジェット系スタートアップVibeaseが新デバイス、AIバイブレーターを発表した

初めてスマートフォンに接続するバイブレーターを発表してから約7年、同社はこの最新機器を携え、さらにハイテクを目指そうとしている
本稿は11月18日から20日まで東京ミッドタウン日比谷で開催されるブロックチェーンカンファレンス「NodeTokyo2018」編集部による寄稿

イベントサマリ:11月18日から20日までの3日間に渡り、東京ミッドタウン日比谷でブロックチェーンカンファレンス「NodeTokyo2018」が開催される

約30名のスピーカー陣が11月19日、20日の2日間、東京・日比谷ミッドタウンに集結する
事実、彼は最初の5万ビットコインをほぼ無償でマイニングしている

その後、ハードドライブをどこかに置き忘れて、現在のビットコインで約3億2,000万米ドル相当を失っている

仮想通貨のパイオニアの一人であるPierce氏は、Forbesの仮想通貨資産ランキングで、約10億米ドルを保有するとして第9位になったが、同額をチャリティに寄付すると誓約している
CryptoKittiesは増え続けている

ブロックチェーンで猫を収集するコンシューマー向けDappを作ったDapperLabsは、新たな資金調達ラウンドで1,500万米ドルを調達した

Venrockがこの投資をリードし、GoogleのGVとSamsungNextも参加した