TechCrunch

シンガポールを拠点にビジネスのための「財務コントロールセンター」構築を目指すスタートアップVolopayは米国時間1月18日、シードラウンド投資210万ドルを調達したことを発表した

2020年1月末には、オーストラリアでの事業を立ち上げる計画だ

2019年、RajithShaiji氏とRajeshRaikwar氏が共同創設したVolopayは、2020年、YCombinatorのアクセラレーター・プログラムに参加した
2020年はどのように働くかが大きく変わり、組織はいかにうまく従業員を管理し、そのためにどのようなツールを使うか再考し始めた

米国時間1月18日、こうした難題を解決するテクノロジーを構築しているスタートアップの1つが、これまでの牽引力を強調する大きな資金調達ラウンドを発表した

同社は17億ドルというポストマネーバリュエーションで1億2500万ドルの資金を獲得した
2021年1月第3週のモビリティ関連ニュースをお送りする

2019年のTeslaの関税に関する記事や、ElonMusk氏のラスベガスループプロジェクトの乗客輸送能力を推計した記事などがある

バーチャル方式だったこともあるかもしれないが、自動運転テクノロジーは2021年のCESで以前ほどの中心的役割は果たさなかった
東京大学協創プラットフォーム開発が運営する協創プラットフォーム開発1号投資事業有限責任組合は1月19日、抗体を主体とした医薬品および体外診断用医薬品の研究開発を進める凜研究所に対して、2億円の出資を行ったと発表した

凜研究所は、研究担当取締役を務める松村保広博士の研究成果の臨床開発を進めるため、2016年1月に設立された創薬ベンチャー

凜研究所では様々な抗体医薬を開発中で、そのひとつがタンパク質TMEM180に結合する抗TMEM180抗体という
だから、専門家ネットワークと一次調査のプラットフォームであるproSapientが、SmedvigCapitalが主導するシリーズA投資ラウンドで1000万ドルの資金を調達したことは、驚くに値しないだろう

これにより、proSapientが現在まで調達した総額は1800万ドルとなった

現在、欧州と米国で100社以上のクライアントにサービスを提供しており、前年比100%以上の収益を上げていると、同社は主張している
同社サービスの動揺したユーザーのひとりは、米国時間1月15日朝にこうわめき散らしていた

完全な開示のために加えると、筆者も今週、同社のサポートスタッフに6通以上のメールを送り、10日間で1回ツイートした後、同社のカスタマーサービス業務の詳細を尋ねたが、何の回答も得られなかった

現在、最新のファンドで最大37億5000万ドルを調達しているTigerGlobalManagementは、Coinbaseのもっとも最近のプライベートラウンド、2018年にクローズした3億ドルのシリーズEを主導し、Coinbaseのポストマネー評価額を80億ドルとした
法人向けから個人向けまで、高性能なドキュメントスキャナーで支持を集めるPFUのScanSnapシリーズに新製品「SnanSnapiX1600」と「SnapSnapiX1400」が登場する

ワンタッチで書類などをスキャン、データ化するScanSnapシリーズの最新フラグシップモデルSnanSnapiX1600は、4.3インチのタッチパネルを搭載

SnanSnapiX1600は税込5万2800円、iX1400は税込4万1800円となっている
2020年のコロナ禍の後、すでに余裕のない状態だった多くのスタートアップがぎりぎりの経営を続けている

JustinKan氏によって創業された従業員100人の法務テックスタートアップAtriumは、法律事務所の厄介な旧態依然としたシステムを置き換える効率的な方法を見出すことができず、3月に廃業した

アトリウムは調達した7550万ドルの資金の一部をAndreessenHorowitzなどの投資会社に返却さえしている
著者紹介:SamuelOdio氏はプロダクトリーダーで、2社を創業した経験を持つ

現在はFivestarsのプロダクト担当副社長

後にFacebookに買収されたDivvyshotを創業し、TellApartに買収されたFreshplumを共同創業した
米国時間1月18日、Twitterはモーメントをインドのソーシャルアプリで展開すべくDailyhuntと提携したと明らかにした

モバイル調査会社AppAnnieがTechCrunchに提供したデータによると、Twitterのインドにおける2020年12月の月間アクティブユーザーは7500万人弱だった

それに比べ、同月にGoogleやMicrosoft、AlphaWaveなどから1億ドルを調達したDailyhuntは、デイリーユーザーが2億8500万人超に達したと主張している
ドイツのスタートアップMossは、ValarVenturesが主導したラウンドで2550万ドルの資金を調達した

既存の投資家であるCherryVenturesとGlobalFoundersCapitalも参加している

Mossはこれまでに1000枚のクレジットカードを発行し、1万件の決済を処理してきた
Flipkartはインド時間1月18日、顧客が国内の多数の店舗で利用できるSuperCoinPayをローンチした

同時にこのWalmartが所有する電子商取引の巨人は、世界第2位のインターネット市場でのユーザーベースを獲得し維持するために特典プログラムを強化した

バンガロールを本拠地とする同社は、インド全土に広がるTimesPoints、PeterEngland、CafeCoffeeDay、FlyingMachineを含む5000以上の小売店と提携し、その顧客に対して「より大きな価値と選択肢」を与える、SuperCoinRewardsという名の、Flipkart特典プログラム上での支払いに利用可能な仕組みを発表した
Goamaは、開発者がソーシャルゲームをアプリに迅速に組み込むことを可能にする

Goamaのクライアントの中には、プロモーションキャンペーンとして利用している顧客もあれば、毎週新しいゲームを紹介するプラットフォームを利用して、本格的なゲーム機能をアプリに追加している顧客もいる

Goamaは現在、モバイル普及が急速に進むアジアとラテンアメリカに注力しており、GCashやRappiなど15社以上のパートナーと協力して、デジタル決済とコミュニケーションを可能にしている
採用イベントのオンライン開催ツール「Bizibl」を提供するBiziblTechnologiesは1月19日、第三者割当増資による総額4300万円の資金調達を発表した

引受先は、プライマルキャピタル、インキュベイトファンド、FVenturesLLP、鈴木悠人氏を含む複数の個人投資家

同社では、オンライン開催に適した体験設計や既存業務フローとの連携を進めることで、採用イベントを「真に」場所から解放し、企業と候補者がよりシームレスに出会える社会の実現を目指す
GroupNineMediaは2020年12月、買収資金調達のためSPACを設立したと明らかにした

同社は現在、計画を進めており、米国時間1月14日にSPACのIPO価格を1ユニット当たり10ドルに設定し、合計2億ドルを調達したと発表した

1月15日米国東部時間午後2時53分現在、株価は6.55%上昇した
米国では毎年、約1000万匹のペットが行方不明になっており、そのうちの数百万匹は施設で保護されているが、認識票やマイクロチップがないために飼い主と再会できない場合がある

かつてZocdocを創設したCyrusMassoumi氏によって設立されたこのスタートアップは、数年前からステルスモードのような状態で活動を続け、現在では地元ニューヨークをだけでなく、全米20州76郡で犬探しサービスを提供している

2015年11月の取締役会中に、マスーミ氏の共同創業者とCFOが彼を会社から追い出すための陰謀を画策したと、マスーミ氏は詐欺を主張し、裁判を起こしたのだ
新型コロナウイルスパンデミックは、多くの高齢者が直面している問題に厳しいスポットライトを当てた

高齢者は、入院を必要とするケースが増加している最もリスクの高い人たちであり、老人ホームは特に集団感染に対して脆弱だった

国連によると、世界の65歳以上の人口は他のどの年代より速く増加している
VirginOrbitは米国時間1月17日日曜日に試験飛行を行い、宇宙と軌道に到達するという目標を達成しただけでなく、NASA向けのペイロードを搭載した初の商業ミッションも達成し、大きな成功を収めた

打ち上げはあらゆる面で成功を収め、同社は商用と防衛の両方の顧客に向けた小型ペイロードの打ち上げプロバイダーになる道を進んでいる

CosmicGirlは旅客機のボーイング747を改造した機体で、通常の航空機の滑走路から離陸し、巡航高度まで上昇してロケットを発射し、その後、ロケットはエンジンに点火して宇宙へと飛行する
ソウル高等裁判所は米国時間1月18日月曜日、李氏に30カ月の判決を下した

李氏は2017年に収賄罪で有罪判決を受け、懲役5年の判決を宣告されたが、控訴審での減刑と執行猶予がついた後に2018年に釈放された

李副会長は、2020年10月に父親の李健煕氏が死去した後、サムスンの会長に就任すると考えられていた
累積資金調達額は約4億7000万円となった

また、目標に掲げる2022年内の会員数120万人達成に向けてアクセルを踏むとともに、事業提携を進める

累計契約社数は200社超まで伸びており、今後は法人営業部隊を増員しながら、2022年に同契約社数を500社まで引き上げるという目標も掲げている