TechCrunch

SpaceXは、有人宇宙船カプセルCrewDragonの打ち上げ脱出システムのスタティックファイアリングテストを行ったと発表した

これは、同社にとって必須のテストであり、去る4月のテストでは爆発を起こして宇宙船が破壊されたことから特に注目を集めていた

調査の結果SpaceXとNASAは、試験失敗の原因を突き止め修正し、今日のエンジン噴射につながった
Facebookは、ブランディングと母艦への逆リンクによってその買収を妨害するかたわら、Instagramをパクろうとしている

TechCrunchは、FacebookがPopularPhotosと呼ばれる機能をテストしていることを突き止めた

これは、アルゴリズムで選定した友達の写真を、ニュースフィードでフルスクリーンに開いた下にエンドレスにスクロールできるかたちで表示するというもの
このたび同社は15回目となる20億ドルのファンドを完了した

前回は2018年初めに設立した15億ドルのファンドだった

同社は業界では標準的な3~4年ごとではなく、ほぼ2年サイクルで新たなファンドを形成しているが、その2年よりも早く15億ドルを投じたことは注目に値する
というわけでLyftは米国時間11月14日、社員に向けて6つの市場からスクーターを引き上げると通知した

今回Lyftは、およそ400名から成る自転車とスクーター部門から約20名をレイオフする

Lyftは3月に約50名をレイオフしたが、その多くは昨年買収したMotivateの社員たちだ
ライドシェアリングのLyftは、長距離走行が可能な電気自動車200台をコロラド州のドライバーにレンタルすると本日発表した

200台の新しいEVの車だとLytfは言っていた)は12月に提供を開始する予定で「コロラド州における1回のEV提供としては最大数」と同社は言った

Lyftによると、これまでシアトルとアトランタで行ったEV導入ではドライバー1人当たり平均70~100ドルのコスト削減に成功している
この車両は11月17日にロサンゼルスにて正式に発表される予定で、その名称はMustangMachEとなり、公式発表後にオンラインから500ドルのデポジットにて予約できる

フォードによるこれまでのティーザー画像は、クロスオーバースタイルの電動SUVを示唆しており、またEPAレーティングにて最低でも300マイル、150kWのDC高速充電器なら10分間で約47マイルの充電、FordのEV充電器ネットワークによる2年間の無料充電を含む、いくつかのヒントをウェブサイトに載せている

下は、これまでFordが公開した車両のヒントと画像で、おそらく想像と既存のMustangとのギャップを埋められるだろうが、11月17日にはすべてが明らかになる
同社は11月13日、SequoiaCapital、CapitalG、AccelからシリーズHで1億5000万ドルを調達したことを発表した

Crunchbaseによると、同社はこれまで約4億ドルを調達した

2010年に創業したFreshworksには約2500人の従業員がいる
Googleは単語の発音を検索する際に便利な新機能を、検索結果に追加した

これにより正しい発音が聞けるだけでなく、「quokka」の正しい発音を練習し、即座にフィードバックを得ることができる

「音声認識と機械学習の進歩は、言語学習の方法の改善につながる」と、Googleは米国時間11月14日の発表で伝えている
Googleは米国時間11月14日、プライベートなケーブル設備のCurieの敷設とテストを完了したと発表した

これにより米国とチリを結ぶCurieは、同社の3番目のプライベートなケーブル設備となる

全長1万500kmのこのケーブルの総通信容量は72Tbpsで、2020年第2四半期に稼働する予定だ
音楽を足の裏で感じるような体験をすることがあるが、これがまさにそれ

DropLabsの新しいEP10スニーカーを紹介しよう

その後、ペイリー氏がドロップラブスのCEOに就任し、EP01が生まれた
AmazonとGoogleは、AlexaとGoogleアシスタントで動くそれぞれのスマートスピーカーデバイスの確たる活用法を見つけ出した

2社は今週、ユーザーが音声アシスタントで案内されながらハンズフリーで料理できるようにする新たなプロダクト機能を発表した

アマゾンはこの新機能を今週提供し始めた
NetflixはParamountから「BeverlyHillsCop4」を撮影する権利を獲得した

このニュースを報じたDeadlineによると、同スタジオはテレビ番組を含むいくつかの形態で同シリーズを再開しようとしているという

特に「BeverlyHillsCop3」の公開から25年が経過しており、スタジオはここ数カ月、ごく最近の「Terminator:DarkFate」の不振もあり、興行成績が振るわなかったためだ
TwelveSouthは優秀なガジェットメーカーで、さまざまなニッチに巧みに対応するプロダクトを多数発売している

最近発売されたAirFlyProはBluetooth経由でオーディオソースを送受信できるオーディオトランスミッターだ

3.5mmヘッドフォンジャックを備えているので利用範囲が非常に広い
11月14日、15日に開催されるスタートアップとテクノロジーの祭典「TechCrunchTokyo2019」

ファーストラウンド通過の順位はまだ明かせないが、実は審査員の総得点では、同得点で3位が3社、さらに同得点で6位が3社、そして2位から9位まで3点差というかなり熾烈な戦いだった

まず審査員の総得点でファイナル進出を決める5社は、1位、2位、3位3社の計5社で確定、残すは会場投票の1社
伝説のコーダー、ジョン・カーマック氏は、6年過ごしたFacebookのOculusを離れ、個人プロジェクトに専念する

HAL9000、レプリカント、そしてもちろんターミネーターなどがそれに相当する

善いものもいる、たとえば、データやR2D2だ
宇宙開発スタートアップのRocketLabは、フレキシブルなロケット打ち上げ能力の構築を目的としており、創設者兼CEOのPeterBeck氏は、その目標にむけた最新の進歩を披露している

「12時間あたり1機のロケットを製造できる」と、Beck氏は動画で語っている

MeetRosie.SheprocessesElectron’scompositestagesinjust12hours.pic.twitter.com/NcC34Ylg66-RocketLabNovember13,2019
11月14日・15日の両日、東京・渋谷ヒカリエで開催中のTechCrunchTokyo2019

14日午前のFiresideChatでは「自動運転OS『Autoware』が作り出す未来」と題して、ティアフォー取締役会長兼CTOの加藤真平氏が登壇

当日発表されたばかりの自動運転タクシーの社会実装に関する協業について、2人に語ってもらった
東京・渋谷ヒカリエで開催中のTechCrunchTokyo2019で11月14日、スタートアップバトルグループCに出場したAR×エンタメ企業のENDROLLは、商業施設向けのAR集客ソリューション「CIRCUSKIT」の提供開始を発表した

ENDROLLは2017年12月設立

AR技術を用いたエンタメコンテンツを企画・開発している同社は、今年の5〜6月には東京急行電鉄などと共同で渋谷の街を使ったAR×リアル謎解きゲーム「渋谷パラレルパラドックス」を開催
ユーザーは2019年に聴いたお気に入りの曲を振り返ることができる

AppleMusicReplayを選ぶと、そこには2019年のトップソングのプレイリストが表示されるだけでなく、AppleMusicを契約して以来毎年のプレイリストも見ることができる

そして1月になると、2020年リプレイのプレイリストが白紙状態で、AppleMusicの6000万曲の中から見つかるお気に入りの曲が追加されるのを待っている
商用の有人宇宙飛行を目指しているNASAが、モバイルアプリとWebアプリケーションでその簡単なシミュレーションを提供している

来年行われるその商用飛行にはSpaceXCrewDragonとBoeingStarlinerが使われるが、シミュレーションはその両方を疑似体験できる

あなたがその中から乗員を選ぶ10名の実在する宇宙飛行士については、人物像と履歴の情報がある