TechCrunch

Samsungは明日サンフランシスコで開催されるビッグイベントで魅力的な外観の折りたたみスマートフォンを公開すると約束している

昨年の11月のデベロッパー・カンファレンスですでに短い動画が披露された

しかしこのプロダクトがどういう名前になるのかについては今まで情報がなかった
アメリカに負ける気のないHuaweiのファウンダーは、“アメリカがうちを潰すことはありえない”、と公言した

同社を通信企業として1987年に立ち上げたRenZhengfeiは、公の声明などをあまりしない人物だが、BBCのインタビューに珍しく応じ、アメリカ政府からの圧力がますます強くなりつつあるが、そんな中で同社の事業は強力に伸びている、と強気に語った

日本は12月にHuaweiとZTEの機器を禁じ、オーストラリアとカナダ、ニュージーランド、およびイギリスの諜報部門のトップは、2018年の終わりに同様の合意に達した、と言われている
スマホ決済サービスのLINEPayは、2月22日〜28日の期間限定で20%還元キャンペーンを実施すると発表した

一人あたりの還元率は累計で最大5000円、つまり支払い総額2万5000円ぶんは還元が受けられる

通常は、0.5〜2%の追加還元となるが、現在はコード払い時にプラス3%の還元を実施しているので、Payトクキャンペーンと合わせると実質23.5〜25%の還元となる
スマホ決済サービスのLINEPayは、2月22日〜28日の期間限定で20%還元キャンペーンを実施すると発表した

一人あたりの還元率は累計で最大5000円、つまり支払い総額2万5000円ぶんは還元が受けられる

通常は、0.5〜2%の追加還元となるが、現在はコード払い時にプラス3%の還元を実施しているので、Payトクキャンペーンと合わせると実質23.5〜25%の還元となる
ドローンの販売事業などを手がけるセキドは2月19日、商船三井やMOLマリンと共同で、MOLマリンが運行管理するケーブル敷設船の海面下の状況を水中ドローンを用いて確認する実証実験を開始したと発表した

航路以外ではない岸壁での水深は東京湾で16mほどだという

実験に利用したのは、価格が40〜60万円と商用水中ドローンのなかでは比較的低価格だという「BlueROV2」と「CCROV」だ
ドローンの販売事業などを手がけるセキドは2月19日、商船三井やMOLマリンと共同で、MOLマリンが運行管理するケーブル敷設船の海面下の状況を水中ドローンを用いて確認する実証実験を開始したと発表した

航路以外ではない岸壁での水深は東京湾で16mほどだという

実験に利用したのは、価格が40〜60万円と商用水中ドローンのなかでは比較的低価格だという「BlueROV2」と「CCROV」だ
企業で働くエース人材と転職希望者が10分間のビデオチャットを通じて面接できるアプリ「Onepair」を運営するOnepairは2月19日、NOWおよび複数の個人投資家から1000万円を調達したと発表した

2018年9月のベータ版リリース時は上述のエースから転職希望者へのアプローチ機能しかなかったが、同社はその後アプリをリニューアルし、転職希望者からエースへのアプローチも可能になった

通常の面接は30分から1時間ほどの時間が設定されていることが多いが、10分間話してみただけでもその人の印象は大体固まってしまうもの
企業で働くエース人材と転職希望者が10分間のビデオチャットを通じて面接できるアプリ「Onepair」を運営するOnepairは2月19日、NOWおよび複数の個人投資家から1000万円を調達したと発表した

2018年9月のベータ版リリース時は上述のエースから転職希望者へのアプローチ機能しかなかったが、同社はその後アプリをリニューアルし、転職希望者からエースへのアプローチも可能になった

通常の面接は30分から1時間ほどの時間が設定されていることが多いが、10分間話してみただけでもその人の印象は大体固まってしまうもの
メディカルノートは2月19日、同社が運営するヘルスケアプラットフォーム「メディカルノート」のスマートフォンアプリの提供を開始した

メディカルノートは2015年3月創業のスタートアップ

インタビューの総数は1600本超とのこと
メディカルノートは2月19日、同社が運営するヘルスケアプラットフォーム「メディカルノート」のスマートフォンアプリの提供を開始した

メディカルノートは2015年3月創業のスタートアップ

インタビューの総数は1600本超とのこと
FinancialTimesによれば、Mubadalaがヨーロッパのスタートアップを支援するために立ち上げた4億ドルのファンドの半額についてSoftBankが出資にコミットしたという

ベンチャーに投資に関心を持つ読者なら2017年にSoftBankが組成した巨大なVisionFundにMubadalaが150億ドルの出資をコミットしたことを思い出すかもしれない

SoftBankの孫正義CEOは、今月これに先立って、「VisionFundは990億ドルの資金のうち500億ドルをすでに投資している」と述べた
FinancialTimesによれば、Mubadalaがヨーロッパのスタートアップを支援するために立ち上げた4億ドルのファンドの半額についてSoftBankが出資にコミットしたという

ベンチャーに投資に関心を持つ読者なら2017年にSoftBankが組成した巨大なVisionFundにMubadalaが150億ドルの出資をコミットしたことを思い出すかもしれない

SoftBankの孫正義CEOは、今月これに先立って、「VisionFundは990億ドルの資金のうち500億ドルをすでに投資している」と述べた
サイバーセキュリティに関するニュースを扱ってきて思うのは、同じ嘘の1つの言い回しがあるということだ

「我々は、あなたのプライバシーやセキュリティを真剣にとらえている」

全部で285のデータ流失の通知届の約3分の1が、このお決まりフレーズを含んでいた
サイバーセキュリティに関するニュースを扱ってきて思うのは、同じ嘘の1つの言い回しがあるということだ

「我々は、あなたのプライバシーやセキュリティを真剣にとらえている」

全部で285のデータ流失の通知届の約3分の1が、このお決まりフレーズを含んでいた
Hydroptèreは、50.17ノットという速さで、帆船の最高速度記録を2度更新している

SeaBubblesのもう一人の共同創設者AndersBringdalは、ウィンドサーフィンで4回もチャンピオンに輝いた経歴を持ち、ウィンドサーフィンの速度世界記録51.45マイルも打ちたてている

「しかし、普通の内燃機関を備えた普通の船では、1時間あたりの燃料代は70ドルから130ドルになります
Hydroptèreは、50.17ノットという速さで、帆船の最高速度記録を2度更新している

SeaBubblesのもう一人の共同創設者AndersBringdalは、ウィンドサーフィンで4回もチャンピオンに輝いた経歴を持ち、ウィンドサーフィンの速度世界記録51.45マイルも打ちたてている

「しかし、普通の内燃機関を備えた普通の船では、1時間あたりの燃料代は70ドルから130ドルになります
独自の重心制御技術「4DGravity」を搭載するドローン「Next」シリーズを開発しているエアロネクストは2月19日、農業機械メーカーの小橋工業との業務提携を発表した

エアロネクストは、2018年に開催されたTechCrunchTokyo2018の「スタートアップバトル」ファイナリスト

そのほか、同年10月に開催されたBDashCampの「PITCHARENA」、12月に開催されたInfinityVenturesSummit2018の「LaunchPad」ではいずれも優勝するなど、2018年のスタートアップ業界で最も注目された企業といえる
独自の重心制御技術「4DGravity」を搭載するドローン「Next」シリーズを開発しているエアロネクストは2月19日、農業機械メーカーの小橋工業との業務提携を発表した

エアロネクストは、2018年に開催されたTechCrunchTokyo2018の「スタートアップバトル」ファイナリスト

そのほか、同年10月に開催されたBDashCampの「PITCHARENA」、12月に開催されたInfinityVenturesSummit2018の「LaunchPad」ではいずれも優勝するなど、2018年のスタートアップ業界で最も注目された企業といえる
暗号通貨ウォレットアプリ「Ginco」を提供するGincoは2月19日、日本マイクロソフトと提携し、ブロックチェーンサービス事業者向けにクラウド型ブロックチェーン環境「GincoNodes」を共同開発、提供していくと発表した

Gincoは2017年12月に創業、2018年2月にはウォレットアプリGincoを開発し、提供を開始した

ウォレットづくりで培ったブロックチェーンの鍵管理やAPI、ノードなどの技術をモジュール化して、2019年1月末から他のサービス開発事業者でも利用できるようにした
暗号通貨ウォレットアプリ「Ginco」を提供するGincoは2月19日、日本マイクロソフトと提携し、ブロックチェーンサービス事業者向けにクラウド型ブロックチェーン環境「GincoNodes」を共同開発、提供していくと発表した

Gincoは2017年12月に創業、2018年2月にはウォレットアプリGincoを開発し、提供を開始した

ウォレットづくりで培ったブロックチェーンの鍵管理やAPI、ノードなどの技術をモジュール化して、2019年1月末から他のサービス開発事業者でも利用できるようにした