TechCrunch

オープンソースのコミュニティと仲が良いとは必ずしも言えないOracleが今日、Graphpipeと呼ばれる新しいオープンソースのツールをリリースした

それは、機械学習のモデルのデプロイを単純化し標準化するツールだ

このプロジェクトは、NASAでOpenStackの開発に関わり、その後2011年にOpenStackのスタートアップNebulaの創業に加わったVishAbramsがリードした
井手氏はブログ内で「僕個人の目指すところとして日本を変えるために10年で1000億円、20年で1兆円規模の会社にならねばいけないというのは意識していました」とした上で、もともとPinQulではアパレルの委託販売を行うライブコマースのプラットフォームを作ろうとしていたこと、最適化を進めた結果、自社ブランドを自社在庫で売るアパレル屋になってしまったことに言及している

ただ、これだとアッパーとしては10年で300億くらいの会社を作るのが精一杯かなと感じました

運営元のFlattは2017年5月創業で、これまで11人の個人投資家から資金調達をしている
Teslaの元従業員で、同社を解雇された後に訴訟されているMartinTrippという人物が、破損しているとされるバッテリーの写真とTeslaのバッテリー工場の運用不備についてツイートした

「破損したセルがModel3で使用されたことはなく、掲載された識別番号の車両はすべて安全なバッテリーを搭載している

Teslaは6月にTrippに対して100万ドルの訴訟を起こし、TrippがTeslaおよびCEOElonMuskを妨害する目的で情報を漏洩したと主張した
透明性の向上と議会との約束を守る取り組みの一環として、Googleは政治広告のアーカイブを自らのプラットフォーム上で公開した

AdLibraryと名付けられたGoogleの新しいデータベースは、専用のウェブページで検索できる

誰でも検索や絞り込みが可能で、候補者名や広告主、費用、掲載期間日時、インプレッション数、広告タイプなどを見ることができる
世界がクラウドネイティブなアプローチへ移行していくに伴い、アプリケーションとそのデプロイのセキュリティを確保する方法も変わりつつある

クラウドネイティブ環境のセキュリティを提供するTwistlockが今日、IconiqCapitalがリードするシリーズCのラウンドで3300万ドルを調達したことを発表した

これで同社の資金調達総額は6300万ドルになる
最新のプロダクト、daVinciColorMiniは定価1599ドルでフルカラーの3Dプリンティングができる

CMYの3色カラーインクをカートリッジで装備し、プリント時に射出されるフィラメントを15000万色に染色できる

この3Dカラープリンターは現在Indiegogoで999ドルで予約受付中だ
GoogleOneの契約は月額1.99ドルで100GBからスタートし、2.99ドルで200GB、9.99ドルで2TBなどとなる

それ以上のストレージが必要ならGoogleは10TB、20TB、30TBなどのプランを用意している

こうした大容量契約は月99.99ドルから299.99ドルとなる
オンライン不動産サイトを運営するTruliaが、引越し予定の場所に関するさまざまな情報を提供してくれるサービスを立ち上げた

現在のところ、サンフランシスコ、オークランド、サンノゼ、オースチン、およびシカゴエリアにおける300箇所の情報を提供している

2018年中に、さらに1100箇所の情報を追加していきたい考えだそうだ
そのKarmaが、シリーズAにて1200万ドルの資金を調達した

今回の調達により、合計調達額は1800万ドルとなった

Karmaは、HjalmarStåhlbergNordegren、LudvigBerling、MattisLarssonおよびElsaBernadotteらによって2015年末に設立された
LittleBitsが初めての買収を行う

ニューヨークに拠点を置くこの教育用ハードウェア会社は、子供のための教育的ソーシャルネットワークであるDIY.coの買収に合意した

VimeoのZachKleinによって2011年に共同創業された、このサンフランシスコを拠点とするソフトウェアスタートアップは、オンラインコミュニティのDIY.orgと、サブスクリプションベースの蒸気教育プラットフォームjam.comを運営している
CyteraCellWorksは、細胞培養の自動化によって、いわゆる“クリーンミート”産業を革命したいと願っている

そしてそれは、すべてが計画通りに行ったら、同社の製品がアメリカのすべての食料品店で買えるようになることを意味している

2017年にイギリスの二人の大学生IgnacioWillatsとAliAfsharが創ったCyteraは、ロボットを使用するオートメーションで細胞培養を構成し、ペトリ皿でターキーの肉を育てたり、幹細胞を検査したりするようなときの培養過程を本格的な生産工程に乗せるつもりだ
常に絶妙なバランスを保っている必要があり、驚くべき技をこなすATLASのようなロボットでさえ、時には転んでその電子の頭を強打してしまう

しかし、もしその頭がクワッドコプターならどうだろう?

ロボットは完全な二本足ではないが、真に2本足で歩くための面倒な問題を回避しつつ、2足歩行ロボットのように行動する
DefConでハッカーたちが、スマートスピーカーの新たなセキュリティ問題を公表した

このセキュリティカンファレンスでスピーチしたTencentのWuHuiYuとQianWenxiangはBreakingSmartSpeakers:WeareListeningtoYouと題するプレゼンを行い、彼らがAmazonのEchoスピーカーをハックして、それにスパイ役をやらせた方法を説明した

このハックは、まずAmazonEchoのハンダ付けされている部品を交換するなどして、それを改造する
‘世界でもっとも急成長しているコンテンツ・リコメンデーション・ネットワーク’を名乗るRevcontentのCEOJohnLempによると、同社は、虚偽の、あるいは人を惑わすような記事がたまたま同社のネットワークに載っても、それらからは一銭も収益を上げていない、という

それを口だけで終わらせないために同社は、PoynterInstituteのInternationalFactCheckingNetworkが提供する事実チェックを利用している

InternationalFactCheckingの二つの互いに独立のファクトチェッカーが、Revcontentネットワークがリコメンドしているある記事を虚偽と判定したら、その記事を指すウィジェットは削除され、記事に対する支払いはいっさい行われない
Note9が正式発表になり全貌が明らかになった今、次の主要スマートフォンモデルを語るときだ

GoogleのPixel3の噂はSamsungの発表前ほどには流れてきていない--しかしまだ時間はある

GoogleのフラグシップAndroid端末の最新機種は、10月になるまで正式公開されないのだから
ベータのソフトウェアには、リスクがつきものだ

でも、あえて危険を好むタイプの人びとにとっては、iOS12の最新ベータが厄介な問題を提示する

このモバイルオペレーティングシステムの次期バージョンの、7度目のベータに関しては、バグによるパフォーマンスの劣化やフリーズ、クラッシュなどの報告が広まっている
われわれはすでにロボットが蹴られたり邪魔されたりするのをみて見て気持ちをかき乱されてきた

たとえそのロボットがいかにロボット的な外観であってもやはりかわいそうだと思ってしまうのだから、ロボットの表情が人間そっくりでアイコンタクトを続ける能力があったらもっと厄介な事態になるだろう

ましてロボットをいじめるとそれに応じた表情をするのであればなおさらだ
2014年の後半にEchoをリリースしたときにはAmazon自身もこうなるとは予想していなかったかもしれない

これらのデバイスの販売額は20162017年と20182019年を比較して50%の成長を示すと推定されている

スマートスピーカーのカテゴリーには来年末までに16億ドルの売上があるものと期待されている
米政府では今後、HuaweiやZTEを含む中国テック企業の特定のコンポーネントやサービスの使用が禁止される

トランプ大統領が今日、国防権限法の一環として法案に署名した

HuaweiとZTEは、2012年の議会報告書以来、米国にとっては特に目立った脅威と位置付けられている
ChromeOSはこれまでの数年間でずいぶん成長した

しかしまだ、多くの人が自分のデスクトップに載せたいと思うほどの、本格的なオペレーティングシステムではない

そのためにまず、Windows10とのデュアルブートを可能にする、というのだ